コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベータ革命 ベータかくめいbeta revolution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベータ革命
ベータかくめい
beta revolution

証券投資のリスクの大きさを測定するための尺度。資本資産価格モデルの誕生とともに登場したベータの考え方は,学界・実務界に大きな影響を与え,ベータ革命と呼ばれた。株式銘柄のベータ・リスクの値を予想し顧客に販売したり,ベータ値に基づいてポートフォリオを構築する技法を開発して販売する会社も生まれた。日本でも大手証券会社がアメリカの会社と提携し,ベータを利用したさまざまなサービスを提供・販売している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android