コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベートーヴェン (ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン) ルートヴィッヒヴァンベートーヴェン

1件 の用語解説(ベートーヴェン (ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン)の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ベートーヴェン (ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン)

ドイツのボン出身の作曲家 (1770 - 1827)。 ハイドンモーツァルトと共に、古典派時代の重要な作曲家である。 特に、中期の作風は力強く情熱的で、ロマン派音楽の先駆的要素が見出される。代表作は、交響曲第5番「運命」、「壮厳ミサ」、弦楽四重奏曲ラズモフスキー」、ピアノソナタ「月光」など。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベートーヴェン (ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン)の関連キーワードグラウプナー西ドイツブルッフ統一ドイツレーガー:左手のための4つの特別な練習曲/piano soloヴォルフ=フェラーリグレーデナーツェルハピクシスローゼンハイン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone