コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベードヌイ ベードヌイ Bednyi, Dem'yan

3件 の用語解説(ベードヌイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベードヌイ
ベードヌイ
Bednyi, Dem'yan

[生]1883.4.13. ヘルソン
[没]1945.5.25. モスクワ
ソ連の詩人。本名 Efim Alekseevich Pridvorov。キエフの陸軍看護学校を卒業,陸軍に勤務したのち,ペテルブルグ大学を卒業。 1912年に共産党に入党,党関係の新聞に詩を発表しはじめ,処女詩集『寓意詩』 Basni (1913) 以来,40冊の詩集を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベードヌイ【Dem’yan Bednyi】

1883‐1945
ロシアソ連邦の詩人。本名はプリドボーロフEfim Alekseevich Pridvorov。ヘルソン県に生まれ,ペテルブルグ大学に学ぶ。1911年からデミヤン・ベードヌイ(貧乏なデミヤン)の筆名で詩を書き始め,風刺詩人として活躍した。民謡,流行歌,英雄詩(ブイリーナ)などポピュラーな形式を模して,社会主義建設期の市民の生活や政治・時事問題をとりあげ,十月革命後とくに労働者,兵士の間で大きな人気があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベードヌイ
べーどぬい
Демьян Бедный Dem'yan Bedny
(1883―1945)

ロシアの詩人。本名エフィム・アレクセービッチ・プリドボロフЕфим Алексеевич Придворов/Efim Alekseevich Pridvorov。南ロシアの貧農に生まれ、軍隊勤務を経てペテルブルグ大学を卒業。1912年ロシア共産党に入党。一連のプロパガンダ詩を『プラウダ』その他の機関紙に書いた。革命後の詩集に『火の輪の中で』(1918)、『約束の地』(1920)、『ひげの同志』(1926)、『英雄的出来事』(1937)などがある。いずれも革命や社会主義建設を平易に歌い、「革命の桂冠(けいかん)詩人」の称がある。[水野忠夫]
『佐々木千世訳『ベードヌイ詩集』(『世界名詩集大成13』所収・1960・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベードヌイの関連キーワードバグリツキーフレーブニコフソ連邦ヨーロッパロシアロシア連邦リドボー労農ロシアビープリロシア[連邦共和国]プリドボーロフ,E.A.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone