コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベールキン物語 ベールキンものがたりPovesti pokoinogo Ivana Petrovicha Belkina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベールキン物語
ベールキンものがたり
Povesti pokoinogo Ivana Petrovicha Belkina

ロシアの詩人アレクサンドル・プーシキンの短編集。1831年作。独立した五つの短編小説,『吹雪』Metel',『百姓令嬢』Baryshnya-krest'yanka,『その一発』Vystrel,『棺桶屋』Grobovshchk,『駅長』Stantsionnyi smotritel'からなる。これらはいずれもロシア・リアリズム小説の先駆的作品であり,そこに描かれた題材や人物はのちの作家たちの創作に深い影響を与え,またその散文のすばらしさはのちの手本となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベールキン物語の関連キーワードプーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)プーシキン(年譜)スペードの女王ロシア文学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android