コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベールバッハ岩 ベールバッハがん beerbachite

1件 の用語解説(ベールバッハ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ベールバッハ岩

ドイツのベールバッハ(Nieder Beerbach)に産出し,その成因については様々に考えられた.細粒の塩基性ホルンフェルス全自形粒状組織を持ち,中性長石,輝石,鉄鉱物からなる岩石で,最初は斑糲岩アプライト(gabbroaplite)とされ,斑糲岩の中の塩基性岩脈として産出すると考えられた[Chelius : 1892].この際の岩石の記載は,斑糲岩的成分を有する煌斑岩で,主として亜灰長石曹灰長石および透輝石よりなり,多少の紫蘇輝石磁鉄鉱,稀に橄欖石を含む[渡辺編 : 1935].その後,捕獲岩として産出し,変成された塩基性堆積岩であると考えられた[Klemm : 1926].このようなベールバッハ岩(beerbachite), 輝石白粒岩(pyroxene-granulite), 斑糲玢(はんれいひん)岩(gabbroporphyrite), 斑糲岩ペグマタイト(gabbropegmatite)などの岩石は熱変成作用を受けた塩基性火成岩であると考えられた[MacGregor : 1931].ブロッサムは輝石角閃石白粒岩(pyroxene-hornblende granulite)について,接触変成作用を受けた熔岩とその外の塩基性火成岩であると考え,これらをベールバッハ岩とした[Bloxam : 1955].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベールバッハ岩の関連キーワードフォイエルバッハエーベルバッハクルムバッハシュミーダー番号マールバッハマールバハドルバッハ岩バッハ ヴィルヘルム・フリーデマンバッハ カール・フィリップ・エマヌエルバッハ ヨハン・クリスティアン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone