コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペイサージュ・エロイック paysage héroïque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペイサージュ・エロイック
paysage héroïque

風景画の一種。英雄的風景,理想的風景と呼ばれるもので,雄大な自然のなかに古代的な建築モチーフや神話上の人物を点在させた作品。 17世紀に N.プーサンや C.ロランが絵画の主題として確立し,19世紀にいたるまで多くの画家によって描かれた。これに対して 17世紀のオランダ画派やバルビゾン派の画家たちが好んで描いた日常的,身近な田園生活を扱った風景画はペイサージュ・アンティムと呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android