ペイトン(読み)ぺいとん(英語表記)Elizabeth Peyton

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペイトン(Elizabeth Peyton)
ぺいとん
Elizabeth Peyton
(1965― )

アメリカの画家。コネティカット州西部のダンブリー生まれ。ジョン・カーリンとならんで、1990年代後半の大衆文化の影響を反映した具象絵画の流行の火付け役であり、中心的な担い手である。
 作品は、ロック・スター、歴史上の人物、有名人、友人たちなどの肖像で、タイトルも『カート』(1995)、『青いリアム』『シド』(ともに1996)のように、人物のファースト・ネームのみを付した簡略なものである。写真をもとに縦横10~20センチメートル大の小さなカンバスや木製の板に油彩で描かれ、鮮やかな発色の赤、黒、青、紫などの色彩、大きな色面、流れるような筆跡とともに、顔を強調した構成によって観客に強い印象を残す。特に、白っぽい顔色に、澄んだ青や黒の瞳や真っ赤な唇が宝石のようにちりばめられている人物の顔は、本人とわからないほど極端に美化されている。
 実際にペイトンのモデルは、セックス・ピストルズのシド・ビシャスSid Vicious(1957―79)、ニルバーナのボーカリスト、カート・コバーンKurt Cobain(1967―94)、ジョン・レノンのようなロック・スターや、有名人のなかでも強烈で短い生を生き、悲劇的な死を迎えた人物や、故ダイアナ元イギリス皇太子妃の子息ヘンリーPrince Henry Charles Albert David(1984― )などである。また、グランジ音楽のベックBeck(1970― )やオアシスのノエル・ギャラハーNoel Gallagher(1967― )とリアム・ギャラハーLiam Gallagher(1972― )の兄弟も好んで描かれる。彼らはヒッピーやパンクの精神を受け継ぎ、感情的、美的好みを共有する仲間による小さな共同体を構成しようとする若者たちの代表者であり「聖人」であったため、ペイトンの作品はまず若い世代の観客によって支持された。
 1995年のベネチア・ビエンナーレで美術評論家フランチェスコ・ボナミFrancesco Bonami(1948― )が企画した、ウォルフガンク・ティルマンズなど大衆文化の影響を皮肉をまじえず素直で気取りのない美しさをもって描く若い世代の写真家の作品とともにペイトンの作品を展示したグループ展によって、ペイトンの作品は国際的な美術界や批評の舞台に登場する。また97年のMoMA(ニューヨーク近代美術館)における学芸員ローラ・ホプトマンLaura Hoptman (1961― )企画のカーリン、リュック・タイマンスとの3人展「ポジション60」でも高い評価を得る。この二つの展覧会は、表象批判の手段として具象表現を用いるアプロプリエーションから離れて、絵画や写真における新しい具象表現を探求し、前衛芸術の進歩主義によって抑圧された民衆的な芸術表現(無名の人々の心を代弁し魅了する力)を再評価することで、現代美術の制度的特権性を修正するという機能を果たした。また、彼女が描く男性の女性的な美しさは、フェミニズムのなかでも、ジェンダー学研究者ジュディス・バトラーJudith Butler(1956― )が90年代初めに提唱した、両性具有の身体や仮装の遊戯的なパフォーマンスによる、既成の性役割の常識を覆す力や、欲望の主体としての女性の感情や想像力の力について考察を促す問題性もはらんでいた。
 90年代後半を通して、サン・パウロ・ビエンナーレ、サンフランシスコ近代美術館、ロンドンのホワイトチャペル・ギャラリーなどの重要なグループ展に参加。2001年ハンブルク美術館で初個展。02年ポンピドー・センターにおける「親愛なる画家たち――ピカビア以降の具象絵画」に参加。[松井みどり]
『Elizabeth Peyton, David Rimanelli Elizabeth Peyton; Live Forever (1997, Hogado, Tokyo) ▽Elizabeth Peyton in an Interview with, Linda Pilgrim (in Parkett, no.53, 1998, Parkett Publishers, Zrich / New York) ▽Elizabeth Peyton, Ronald Jones Elizabeth Peyton (2002, Hatje Cantz Publishers, New York) ▽樹村緑著「跳ね返る視線と分裂する鏡像――80―90年代における覗きの快楽と女性の表現」(『美術手帖』1999年3月号所収・美術出版社) ▽Francesco Bonami, Judith Nesbitt Examining Picture (1999, Whitechapel Art Gallery, London ) ▽Laura Hoptman Projects 60; John Currin, Elizabeth Peyton, Luc Tuymans (catalog, 1997, Museum of Modern Art, New York)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペイトンの関連情報