コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペグー[山脈] Pegu Yoma

世界大百科事典 第2版の解説

ペグー[山脈]【Pegu Yoma】

ミャンマー中南部,イラワジ川とシッタウン川の間に横たわる南北320kmの山脈。標高は500m前後。シュウェダゴン・パゴダのあるヤンゴンのティンゴウタヤ丘は,この山脈の南端に孤立した丘陵である。山脈の東からはペグー川やシッタウン川に注ぐ支流が流れ出ており,西からはピン,イン,ナウィンなどの支流が流れ出てイラワジ川に注いでいる。雨量が多く山脈の南部は常緑樹林に覆われているが,北部は落葉樹林になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android