コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペタル石 ぺたるせきpetalite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペタル石
ぺたるせき
petalite

一見、長石に似ているが、劈開(へきかい)はより発達しもろい鉱物。葉長(ようちょう)石ともいう。結晶形を示すことはきわめてまれで、普通は葉片状の劈開片ないし塊状で産する。リチウムに富むペグマタイト中に産し、石英、長石、鱗雲母(りんうんも)などと共生する。日本では福岡市長垂(ながたれ)でのみ産する。葉片状劈開が著しいことから、英名は、葉を意味するギリシア語に由来する。なおカストル石castorまたはcastoriteはこのペタル石のことであるが、これは、かつてイタリアのエルバ島ではペタル石とポルクス石がつねに伴って産するため、双子(ふたご)と見立て、ペタル石を星のカストル(ふたご座α(アルファ)星)と名づけたことによる。しかしカストル石は結局ペタル石と同定されたため、鉱物名としては採用されなかった。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペタル石の関連キーワードペタル石(データノート)ポルクス石リチウムカストル葉長石ペタ