コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッチン瓜

1件 の用語解説(ペッチン瓜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ペッチン瓜

兵庫県明石市で生産されるウリ。大きさは400~800gと大きめで、果皮は濃緑色で浅い筋が入る。明治期から栽培されている。名称の由来は、表皮が艶やかで別珍(ビロード)の光沢を思わせることからとも、熟した果実に爪を立てたときの「ぺっちん」という音で収穫期を判断したことからとも言われる。「別珍瓜(べっちんうり)」ともいう。メロンに似た風味で、元は生食用であったが、現在はもっぱら漬け物に用いられる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペッチン瓜の関連キーワード別珍瓜兵庫県明石市上ノ丸兵庫県明石市王子兵庫県明石市貴崎兵庫県明石市立石兵庫県明石市鳥羽兵庫県明石市林兵庫県明石市人丸町兵庫県明石市本町兵庫県明石市南貴崎町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone