コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトラローナ人 ペトラローナじんPetralona man

世界大百科事典 第2版の解説

ペトラローナじん【ペトラローナ人 Petralona man】

ギリシア北部,カルキディキ地方のペトラローナ洞窟で1960年に発見された旧人。伴出する石器はない。ギリシアの人類学者プリアノスは,これを典型的ネアンデルタール人の祖先とみたが,最近ではさらに古く,ピテカントロプスに近いと主張を変えているように,その位置づけは,まだ決定的ではない。【鈴木 尚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone