コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルス・ペレグリヌス Petrus Peregrinus

世界大百科事典 第2版の解説

ペトルス・ペレグリヌス【Petrus Peregrinus】

13世紀フランスの学者。本名ピエール・ド・マリクールPierre de Maricourtで,ペトルス・ペレグリヌスはラテン名。生没年不詳。ピカルディー出身で,パリにいたころはR.ベーコンの学友であった。アンジュー家シャルルがイタリアのルチェラ征服におもむいたときの陣中で,1269年にペレグリヌスは《磁石についての手紙》を書いた。彼は技術者として従軍していたと考えられる。《磁石についての手紙》の中で彼は,天然磁石の極をさがす方法を述べ,磁石を二つに切断すると切断面に極が現れることを記述し,磁石どうしの吸引が生ずる理由を定式化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ペトルス・ペレグリヌスの関連キーワード磁石(磁力をもつ物体)ペトルス・ペレグリヌスアンジュー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android