コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルス・ペレグリヌス Petrus Peregrinus

世界大百科事典 第2版の解説

ペトルス・ペレグリヌス【Petrus Peregrinus】

13世紀フランスの学者。本名ピエール・ド・マリクールPierre de Maricourtで,ペトルス・ペレグリヌスはラテン名。生没年不詳。ピカルディー出身で,パリにいたころはR.ベーコンの学友であった。アンジュー家シャルルがイタリアのルチェラ征服におもむいたときの陣中で,1269年にペレグリヌスは《磁石についての手紙》を書いた。彼は技術者として従軍していたと考えられる。《磁石についての手紙》の中で彼は,天然磁石の極をさがす方法を述べ,磁石を二つに切断すると切断面に極が現れることを記述し,磁石どうしの吸引が生ずる理由を定式化した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ペトルス・ペレグリヌスの関連キーワード磁石(磁力をもつ物体)ペトルス・ペレグリヌスアンジュー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android