コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルス・ロンバルドゥス Petrus Lombardus

世界大百科事典 第2版の解説

ペトルス・ロンバルドゥス【Petrus Lombardus】

1095ころ‐1160
イタリアの神学者,聖書学者,《命題論集》の著者。ノバラで生まれ,ボローニャ,ランス,パリの学校で勉学の後,ノートル・ダム大聖堂付属学校で教え,神学者として名声を博する。1159年パリ司教に任命され,その翌年没。聖書学者としてのロンバルドゥスラオンアンセルムス,ギルベルトゥス・ポレタヌスによる聖書釈義の仕事を補足しており,その注釈書は教科書として広く用いられた。さらに聖書釈義の仕事と並行して,キリスト教の教義の全体を聖書および教父,教会の権威ある学者たちの著作にもとづいて簡潔に叙述することを企て,《命題論集》4巻を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペトルス・ロンバルドゥスの言及

【キリスト教】より

…アベラールは理性の自由を強調して異端視されたが,行きつく所はこれと同じであった。13世紀に入ってペトルス・ロンバルドゥスやトマス・アクイナスの構築するスコラ学の壮大な体系(《命題集》や《神学大全》)は,教皇至上主義と重なっていても,これとて霊魂の救いをめざす神秘主義的敬虔によって支えられていたのである。だが体系自体は14世紀にはくずれ,回復の見込みはなかった。…

※「ペトルス・ロンバルドゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペトルス・ロンバルドゥスの関連キーワードトマス[シュトラスブルク]アレクサンデル・ハレンシスギルベルトゥス・ポレタヌスインノケンチウス5世ドゥンス・スコトゥスベーコンソープスコラ哲学争論

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android