コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロニウス・マクシムス Petronius Maximus

1件 の用語解説(ペトロニウス・マクシムスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペトロニウス・マクシムス【Petronius Maximus】

396‐455
ローマ帝国西帝。在位455年。ローマ市の名門貴族で,ローマ都督(プラエフェクトゥス・ウルビ。420か21,433),イタリア道長官(プラエフェクトゥス・プラエトリオ・イタリアエ。435,439‐41),コンスル(433,443)を歴任した。ウァレンティニアヌス3世アエティウス殺害を教唆したと思われる。さらに455年3月には同帝殺害を画策,暗殺の翌日に即位し先帝妃と強制的に結婚したが,同年5月バンダルがローマ市に迫ると逃亡を図り,その途上でおそらくは護衛兵によって殺害された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペトロニウス・マクシムスの関連キーワードアルカディウス神聖ローマ帝国大秦西ローマ帝国東ローマ帝国ローマンテオドシウス古代ローマ帝国中世ローマ帝国ローマンブリテン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone