ペトロニウス・マクシムス(英語表記)Petronius Maximus

世界大百科事典 第2版の解説

ペトロニウス・マクシムス【Petronius Maximus】

396‐455
ローマ帝国西帝。在位455年。ローマ市の名門貴族で,ローマ都督(プラエフェクトゥス・ウルビ。420か21,433),イタリア道長官(プラエフェクトゥス・プラエトリオ・イタリアエ。435,439‐41),コンスル(433,443)を歴任した。ウァレンティニアヌス3世アエティウス殺害を教唆したと思われる。さらに455年3月には同帝殺害を画策,暗殺の翌日に即位し先帝妃と強制的に結婚したが,同年5月バンダルがローマ市に迫ると逃亡を図り,その途上でおそらくは護衛兵によって殺害された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android