コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロニウス・マクシムス Petronius Maximus

世界大百科事典 第2版の解説

ペトロニウス・マクシムス【Petronius Maximus】

396‐455
ローマ帝国西帝。在位455年。ローマ市の名門貴族で,ローマ都督(プラエフェクトゥス・ウルビ。420か21,433),イタリア道長官(プラエフェクトゥス・プラエトリオ・イタリアエ。435,439‐41),コンスル(433,443)を歴任した。ウァレンティニアヌス3世アエティウス殺害を教唆したと思われる。さらに455年3月には同帝殺害を画策,暗殺の翌日に即位し先帝妃と強制的に結婚したが,同年5月バンダルがローマ市に迫ると逃亡を図り,その途上でおそらくは護衛兵によって殺害された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペトロニウス・マクシムスの関連キーワード盛岡市盛岡(市)文侯アフリカ難民同性婚塩化銀いわいずみ三田貝分校ヘロインエウリピデス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone