コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペドロ1世(残虐王) ペドロいっせい[ざんぎゃくおう]Pedro I, el Cruel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペドロ1世(残虐王)
ペドロいっせい[ざんぎゃくおう]
Pedro I, el Cruel

[生]1334.8.30. ブルゴス
[没]1369.3.23. モンティエル
カスティリア=レオン王 (在位 1350~69) 。カスティリアのアルフォンソ 11世の子。 16歳で即位し,初めは母の指導下に政治を行なった。ブルボン家のブランシュと結婚 (54) したが,王妃として遇さなかったため,フランスとの同盟を失った。異母兄エンリケ (のちのエンリケ2世 ) の反逆を制圧,残忍な一連の殺人により悪名を高めた。 1356~66年はアラゴンと戦い,66年エンリケの攻撃を受け逃亡,イングランドエドワード (黒太子) の援助を求め復位に成功した (67) 。エドワードの帰国後は,その残忍さのために人望を失い,フランスの庇護を受けたエンリケにより退位させられ,暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android