コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペドロ2世[アラゴン王] ペドロにせい[アラゴンおう]Pedro II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペドロ2世[アラゴン王]
ペドロにせい[アラゴンおう]
Pedro II

[生]1174
[没]1213.9.12. ラングドック
アラゴン王 (在位 1196~1213) 。アラゴン王アルフォンソ2世とサンチア (カスティリア王アルフォンソ8世の娘) の子。王子時代から十字軍に従軍。 1212年のナバスの戦いで,めざましい働きを示した。 13年にはシモン・ド・モンフォール (→モンフォール家 ) の率いるアルビジョア十字軍が宗教に名をかりスペインに侵入,征服を企てたのでこれと戦い,同年ミュレで戦死,同時にカタルニャのピレネー以北領有の望みも断たれた。彼はトルバドゥールの保護者であり,南フランス,プロバンス地方の詩をスペインに広めるのに功があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペドロ2世[アラゴン王]の関連キーワードモンフォール

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android