コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリコ Silvio Pellico

世界大百科事典 第2版の解説

ペリコ【Silvio Pellico】

1789‐1854
イタリアの思想家。1818年ウィーン体制下の反動的状況のなか,オーストリア統治下のミラノで《調停者Il conciliatore》紙を創刊,ロマン主義的文化運動のリーダーの役割を果たす。この新聞はその民族主義・自由主義的傾向を理由に翌年発行を禁止される。20年秘密結社カルボナリ党との関係が明らかにされ,大弾圧のなかで死刑判決を受ける。その後減刑され,30年までシュピールベルク監獄で過ごす。釈放後32年に《獄中記Le mie prigioni》を発表し,異民族支配下のイタリア人愛国者がおかれている悲惨な状態を全イタリア,ヨーロッパに伝えて大きな反響を引き起こす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリコ
ぺりこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペリコの言及

【リソルジメント】より

イタリア[歴史]【北原 敦】
【リソルジメントの文学】
 リソルジメントの時代はイタリア文学にとってとりもなおさずロマン主義の時代であったが,リソルジメントの理想をみずからの最大の主題としたイタリアのロマン主義は,社会的責務を強く自覚し,緊急の政治課題に鋭くかかわった独自のものであった。たとえば,民族的自覚と愛国心を鼓吹する有用な媒体としてすでにV.アルフィエーリがすすめていた演劇,なかんずく悲劇は,ロマン主義の機関誌《コンチリアトーレ》(1818‐19)を創刊したS.ペリコ,あるいはマンゾーニらによって手がけられ,リソルジメント文学の重要なジャンルとなった。なお,19世紀におけるほとんど唯一の国民芸術であったオペラは,ベルディ,ロッシーニらの大作曲家を得て,ロマン主義的愛国心の表現にみごと成功した。…

※「ペリコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペリコの関連キーワードオッフェンバックシャビ・アロンソシャビ アロンソデメトリオスベロネーゼリシマコスウルグアイ盤竜類

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android