ペルシャ湾(読み)ペルシャわん

大辞林 第三版の解説

ペルシャわん【ペルシャ湾】

アラビア半島とイランに囲まれた湾。ホルムズ海峡を経てインド洋に通じる公海。沿岸一帯と大陸棚は世界的な石油の産地。別称、アラビア湾。古称、緑海。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ペルシャ湾

周辺は世界有数の油田地帯。入り口部分にホルムズ海峡がある。海峡最狭部の幅は約34キロだが、地形は複雑で航行路は約3キロの緩衝帯の両側各約3キロしかない。そこを大型タンカーを中心に週約500隻が往来する。イランアラブ首長国連邦との間で三つの島を巡る領有権を争うなど、火種は絶えない。

(2012-09-25 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペルシャ湾の関連情報