コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルセウス[マケドニア王] ペルセウス[マケドニアおう]Perseus

翻訳|Perseus

1件 の用語解説(ペルセウス[マケドニア王]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルセウス[マケドニア王]
ペルセウス[マケドニアおう]
Perseus

[生]前212頃
[没]前165頃.アルバ・フケンス
マケドニア王 (在位前 179~168) 。フィリッポス5世の子。即位後ローマとの同盟を更新したが,ギリシアの政局に介入し,ペルガモン王国と対立,ついにローマと第3次マケドニア戦争を開いた。前 168年マケドニア南部のピドナの戦いでローマの練達の将軍パウルス・マケドニクスに敗れ,サモトラケで捕えられ,パウルスの凱旋式に連行され,3年後に没。彼の没落とともにマケドニア王国は滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペルセウス[マケドニア王]の関連キーワード自己株式橋本登代子現行犯現行犯鑑定(法律)鑑定色覚日本赤十字社エコアクション21認可保育所と認可外保育施設

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone