コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルーの左翼ゲリラ

1件 の用語解説(ペルーの左翼ゲリラの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ペルーの左翼ゲリラ

独自の解釈に基づく「毛沢東主義」を唱えたセンデロ・ルミノソ(輝く道)と、人質事件を起こしたトゥパク・アマル革命運動(MRTA)が2大組織。80〜90年代には、テロや戦闘などで計2万5千人が死亡したとされる。センデロはグスマン元大学教授が70年結成。91年には国際協力事業団(JICA)の日本人農業技術者3人を射殺した。MRTAは84年結成。中南米各地のグループと連携する都市型ゲリラといわれる。最高指導者ポライ氏は92年に逮捕され、事件当時は弱体化したとみられていた。

(2006-12-13 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペルーの左翼ゲリラの関連キーワード拡張解釈縮小解釈心理小説ウリシク社会主義大躍進運動異を唱えるゴーリスムインタープリテーションインドの毛派国連ネパール支援団

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone