コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレス・デ・アヤラ Ramón Pérez de Ayala

1件 の用語解説(ペレス・デ・アヤラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペレス・デ・アヤラ【Ramón Pérez de Ayala】

1881‐1962
スペインの小説家,詩人,批評家。オビエド生れ,同地の大学で法律を学ぶ。教授で批評家のクラリンClarín(1852‐1901)に師事し,欧米を旅行したあと,第1次大戦ではアルゼンチンの《ラ・プレンサ》紙の特派員としてイタリア戦線に赴く。共和政府のもとでは思想的指導者の一人で,駐英大使にも任命されたが,フランコ政権成立後,アルゼンチンへ亡命。1955年に帰国が許された。詩人としては知的で,象徴的な詩集《小径(こみち)の平和》(1903),《多くの小径》(1916)などがあり,随筆《仮面》(1917‐19)では文明批評家としての炯眼(けいがん)を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のペレス・デ・アヤラの言及

【スペイン文学】より

…概してペシミズムを基調とし,真のスペインを発見しようとした〈98年世代〉に対し,ヨーロッパの思想に沿おうとした知識人たちを20世紀の〈第2の世代〉と呼ぶ。ここで際だっているのが《大衆の反逆》で知られる哲学者オルテガ・イ・ガセットと,《ベラルミーノとアポローニオ》の著者ペレス・デ・アヤラである。詩人としては,1956年にノーベル文学賞を受けたJ.R.ヒメネスが傑出しており,《石と空》をはじめとする彼の純粋詩の現代詩に対する影響は圧倒的である。…

※「ペレス・デ・アヤラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペレス・デ・アヤラの関連キーワードバリェインクランペレスガルドス組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペイン組曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone