コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレス・デ・アヤラ Ramón Pérez de Ayala

世界大百科事典 第2版の解説

ペレス・デ・アヤラ【Ramón Pérez de Ayala】

1881‐1962
スペインの小説家,詩人批評家。オビエド生れ,同地の大学で法律を学ぶ。教授で批評家のクラリンClarín(1852‐1901)に師事し,欧米を旅行したあと,第1次大戦ではアルゼンチンの《ラ・プレンサ》紙の特派員としてイタリア戦線に赴く。共和政府のもとでは思想的指導者の一人で,駐英大使にも任命されたが,フランコ政権成立後,アルゼンチンへ亡命。1955年に帰国が許された。詩人としては知的で,象徴的な詩集《小径(こみち)の平和》(1903),《多くの小径》(1916)などがあり,随筆《仮面》(1917‐19)では文明批評家としての炯眼(けいがん)を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペレス・デ・アヤラの言及

【スペイン文学】より

…概してペシミズムを基調とし,真のスペインを発見しようとした〈98年世代〉に対し,ヨーロッパの思想に沿おうとした知識人たちを20世紀の〈第2の世代〉と呼ぶ。ここで際だっているのが《大衆の反逆》で知られる哲学者オルテガ・イ・ガセットと,《ベラルミーノとアポローニオ》の著者ペレス・デ・アヤラである。詩人としては,1956年にノーベル文学賞を受けたJ.R.ヒメネスが傑出しており,《石と空》をはじめとする彼の純粋詩の現代詩に対する影響は圧倒的である。…

※「ペレス・デ・アヤラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペレス・デ・アヤラの関連キーワードラ・プレンサスペイン文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android