コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレタイジング pelletizing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペレタイジング
pelletizing

特に微粉の鉄の精鉱を焼結する方法。 100~170メッシュ以下の微粉に適用される。アグロメレーションの一種で,粉状精鉱の製錬のための前処理である。粒度調整された微粉に水分を加え,ボーリングドラムまたはディスクで回転させつつ送ると,微粉は揺すられて自然に 10~20mm径の生 (なま) ペレットに固まる。これを竪型または水平型の焼成機で加熱し焼結する。現在は水平型機が多く,加熱は重油またはガスバーナによる。最近は選鉱精鉱に微粉が多くなったのでペレット法が増加しており,鉄鉱だけでなく銅鉱の処理にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペレタイジング(pelletizing)

貧鉱や粉鉱を粉末にし、結合剤で固めて球状にする処理法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペレタイジング

造粒

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のペレタイジングの言及

【造粒】より

…でき上がった粒状体に対しては,その製造法や技術分野により,ペレットpellet,顆粒(かりゆう)granule,マイクロカプセルmicrocapsuleなどの呼名がある。造粒についても,ペレットまたはペレタイジングpelletizing,顆粒化granulationなどの用語が使われている。練炭の製造などに古い歴史をもつブリケット化またはブリケティングbriquettingも一種の造粒技術である。…

※「ペレタイジング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ペレタイジングの関連キーワード貧鉱