ペンギン・ブックス(英語表記)Penguin Books

世界大百科事典 第2版の解説

ペンギン・ブックス【Penguin Books】

イギリスのPenguin Books Ltd.より出版されているペーパーバックスの叢書の代表的なもの。1935年にレーンAllen Laneが創刊した。名著の復刻を中心にしたが,すぐれた書下ろしも含む。そのうち近代小説を中心とした〈ペンギン〉,一般教養書を中心にした〈ペリカン〉,児童ものを中心にした〈パフィン〉などに分かれるが,〈ペンギン〉の中には〈古典もの〉〈シェークスピア・シリーズ〉〈近代古典〉〈詩人選〉などがあり,また判の大きな〈キング・ペンギン〉などもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のペンギン・ブックスの言及

【ペーパーバック】より

…上製本である堅表紙本(ハードカバー)hardcover bookあるいは布表紙本clothbound bookなどに対して名づけられたものだが,〈それは数万部以下で出版されることはなく,1冊の定価も1時間相当の労働賃金を超えることはあまりない〉(R.エスカルピ)といわれるように,その特徴は大量性と廉価性にある。ペーパーバックの始まりは19世紀のドイツやアメリカに求めることができるが,内容・形態の点からみて,1935年にイギリスのアレン・レーンが刊行したペンギン・ブックスこそ今日的ペーパーバックの始まりといえよう。ペンギン・ブックスは大量販売を条件に極端な廉価政策(当時のイギリスにおける平均の書籍価格の15分の1)をとって成功をおさめた。…

※「ペンギン・ブックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android