ペンスリット(読み)ぺんすりっと(英語表記)penthrite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンスリット
ぺんすりっと
penthrite

四硝酸ペンタエリスリトールpentaerythritol tetranitrateの慣用名で、PETNとも略記される固体爆薬。多くの用途のある高性能爆薬の一つで、雷管の起爆性能を向上させる添装薬、導爆線の心薬(導火線または導爆線の中央に配置され、燃焼または爆轟(ばくごう)を伝播(でんぱ)する物質)、伝爆薬などに使われている。また、ほかの爆薬や不活性物質と混合して、種々の軍用爆薬として使われている。硝酸エステルの中では、熱に対して鈍感で自然分解をおこしにくい。衝撃起爆感度が高く、威力も強大で、伝爆性がよい。爆速は比重1.7で毎秒約8300メートルである。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android