コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーナ宮殿 ペーナキュウデン

1件 の用語解説(ペーナ宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ペーナ‐きゅうでん【ペーナ宮殿】

Palácio Nacional da Pena》ポルトガル中西部の都市シントラにある宮殿。19世紀にポルトガル女王マリア2世の王配フェルナンド2世(のち国王)により標高約500メートルの山上に夏の離宮として建造。ゴシック風、マヌエル風、イスラム風などさまざまな建築様式が混在する。1995年、シントラ宮殿レガレイラ宮殿とともに「シントラの文化的景観」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ペーナ宮殿の関連キーワード電子政府アジュダ宮殿シントラ宮殿マフラ宮殿桜乃彩音ミーニー労働者教育NTSC方式河合ひかる巻野モモ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone