コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーパー電池 ペーパーでんちpaper cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーパー電池
ペーパーでんち
paper cell

通常の電池の電解質溶液をシート状固体電解質で置き換えた,薄くて軟らかい電池。無機および有機の電解質材料を用い,0.6V,3Vの起電力を持つペーパー電池が試作されている。電解質溶液の漏れがなく,-60℃から 100℃の幅広い温度で使用可能な特長があり,軽量薄型の特長を生かして,人工心臓用体内埋め込みの電源などへの用途が考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android