コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーパー電池 ペーパーでんちpaper cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーパー電池
ペーパーでんち
paper cell

通常の電池の電解質溶液をシート状固体電解質で置き換えた,薄くて軟らかい電池。無機および有機の電解質材料を用い,0.6V,3Vの起電力を持つペーパー電池が試作されている。電解質溶液の漏れがなく,-60℃から 100℃の幅広い温度で使用可能な特長があり,軽量薄型の特長を生かして,人工心臓用体内埋め込みの電源などへの用途が考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペーパー電池の関連情報