コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイシェレ Heuschele, Otto Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイシェレ
Heuschele, Otto Hermann

[生]1900.5.8. シュランベルク
[没]1996.9.16. バイブリンゲン
ドイツの詩人,小説家,批評家。作家活動にかたわら,ギムナジウムでドイツ語と歴史を教授。ヘルダーリーンゲオルゲの影響を受けたロマン主義的な作風。詩集『恩寵のたまもの』 Gaben der Gnade (1954) ,小説『深淵にて』 Am Abgrund (61) など。その活動分野は広く,評伝,文学史にも業績がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホイシェレの関連キーワードギムナジウム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android