コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイス ホイス Heuss, Theodor

2件 の用語解説(ホイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイス
ホイス
Heuss, Theodor

[生]1884.1.31. ウュルテンベルク,ブラッケンハイム
[没]1963.12.12. シュツットガルト
西ドイツの政治家。ミュンヘンベルリン両大学で政治学を学び,1905年ミュンヘン大学で博士号取得。 05~12年雑誌『ヒルフェ』,12~18年日刊紙『ネッカー・ツァイトゥング』の編集に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイス
ほいす
Theodor Heuss
(1884―1963)

旧西ドイツの初代大統領。ブラッケンハイム生まれ。第一次世界大戦前からジャーナリスト活動に従事し、1920~1933年ベルリン政治大学の講師。1918年民主党DDP)に加わり、1924~1928年および1930~1933年帝国議会議員。第二次世界大戦後しばらくウュルテンベルク・バーデン州の文化相を務め(1945~1946)、1947年シュトゥットガルト工科大学の現代史と政治学の教授。その間自由民主党FDP)の創設に参加し、1948年西側三地区のFDP党首に選出された。同年ウュルテンベルク・バーデン州議会代表として議会的協議会Parlamentarischer Rat(制憲議会)に加わり、西ドイツの基本法(憲法)作成に大きな影響を与えた。1949年ドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)発足とともに大統領に選出され、1954年再選された(1959年任期満了)。[深谷満雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホイスの関連キーワードウュルツブルクビュルテンベルクウュルツブルク司教館バーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団バーデン・ビュルテンベルクビュルテンベルク王国ビュルテンベルク・シュワーベントリンプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホイスの関連情報