コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイットリッジ Whittredge, (Thomas) Worthington

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイットリッジ
Whittredge, (Thomas) Worthington

[生]1820.5.22. オハイオ,スプリングフィールド
[没]1910.2.25. ニュージャージー,サミット
アメリカの風景画家。シンシナティで T.コール,B.デュランドの影響を受けて風景画を始め,のち熱心なスポンサーを得てジュッセルドルフ,ローマへ各5年間留学。 1859年帰国後,ロマンチック・ハドソン川派の一員として詩情に富む風景画を描く。主要作品『鱒のいる淵』 (メトロポリタン美術館) ,『キャンプ・ミーティング』 (同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホイットリッジの関連キーワードニュージャージー州シンシナティ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android