ホウオウボク(鳳凰木)(読み)ホウオウボク(英語表記)Delonix regia(Poinciana regia); royal poinciana; peacock flower; flamboyant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウオウボク(鳳凰木)
ホウオウボク
Delonix regia(Poinciana regia); royal poinciana; peacock flower; flamboyant

マメ科の落葉高木で,カエンジュ (火炎樹) ともいう。マダガスカル原産で,熱帯地方の街路樹などに用いられる。樹形は傘形で雄大,葉は2回羽状複葉でネムノキに似ているが,長さ 60cmに達する。総状花序を頂生し,花の色は火のような緋紅色で,熱帯では一年中開花する。花は蝶形花ではなく,平開した5弁花で長いおしべが目立つ。花後につけるマメの莢は 30cm以上に達する。日本ではときに観賞用として温室で栽培される。旧学名のポインシアナで呼ばれることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホウオウボク【ホウオウボク(鳳凰木) Delonix regia Raf.(=Poinciana regia Bojer)】

熱帯地方で街路樹,緑陰樹として広く植えられているマメ科の高木。英名はroyal poinciana,peacock‐flower,flamboyant。開花期には真赤な花を樹冠いっぱいにつけ,実に美しい。また樹形が傘形で大きな葉をたくさんつけるので,樹下は涼しい。原産地はマダガスカル島。熱帯では乾季に落葉し,雨季に葉をつける。生長は早く,やせ地でもよく育ち,高さは10~15mとなる。葉は羽状複葉で,長さ30~50cm,羽片は10~20対あり,それに小葉が多数つく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android