コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウサイラン(報歳蘭) ホウサイラン Cymbidium sinense

1件 の用語解説(ホウサイラン(報歳蘭)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウサイラン(報歳蘭)
ホウサイラン
Cymbidium sinense

ラン科シュンラン属のランで,東アジアの温帯から亜熱帯にかけて広く分布する。東洋ランとして扱われるものの一つで,奄美大島屋久島にも自生する。自生状態では葉の長さが 1mをこえることもある大型のランであるが,栽培下では 30~60cm程度。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホウサイラン(報歳蘭)の関連キーワードシュンラン(春蘭)フィンランディアシンビジウム貪婪アジアンポップスハイドランジア東アジア首脳会議シュンコウカン香川春蘭メインランディング(場)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone