コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウセキドリ(宝石鳥) ホウセキドリ pardalote

1件 の用語解説(ホウセキドリ(宝石鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホウセキドリ【ホウセキドリ(宝石鳥) pardalote】

スズメ目ハナドリ科ホウセキドリ属Pardalotusの鳥の総称。狭義にはこのうちの1種を指す。この属には7~8種があり,オーストラリアタスマニア島に分布している。全長約10cm。その名のように美しく愛らしい小鳥で,体は灰色か暗緑色だが,一部に黄色や赤色の羽毛をもち,また多くの種では頭上や翼に白色の細い縞や水玉状の小斑がある。ハナドリ類のように,くちばしはじょうぶで短く,尾も短い。ユーカリ林やサバンナなどにつがいか小群ですみ,樹上で昆虫類(とくにカイガラムシ)を食べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウセキドリ(宝石鳥)の関連キーワード花鳥五色鳥琴鳥小椋鳥鶺鴒知目鳥庭師鳥機織鳥クエラクエラ木の葉鳥

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone