コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウチャクソウ(宝鐸草) ホウチャクソウDisporum sessile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウチャクソウ(宝鐸草)
ホウチャクソウ
Disporum sessile

ユリ科の多年草。日本各地の竹藪林下などの陰地に生え,高さ 50cm以下でササのような形の葉を互生する。茎にも葉にも毛はない。4~5月に短い柄をもちほとんど開かない6弁花を下向きにつける。花被の先のほうは緑色を帯びるが全体としては白い。液果は径5~9mmで黒く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホウチャクソウ(宝鐸草)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android