コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウライショウ(蓬莱蕉) ホウライショウMonstera deliciosa; ceriman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウライショウ(蓬莱蕉)
ホウライショウ
Monstera deliciosa; ceriman

サトイモ科の多年生つる植物。熱帯メキシコ原産。幹に長い縄状の気根を出すため電信草ともいう。葉は大型で長さ 60~80cm,幅 30~60cm,心状卵形で長い柄があり,大きく羽裂する。葉身には大小楕円形の孔があく。花は葉に比べて小さく,淡黄色の仏炎包がある。葉や全体の形が奇異なため観葉植物として温室でよく栽培され,茎の一節挿芽してふやす。園芸界では普通モンステラと呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホウライショウ(蓬莱蕉)の関連キーワードサトイモ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android