コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ砂(硼砂) ほうしゃ borax

翻訳|borax

1件 の用語解説(ホウ砂(硼砂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃ【ホウ砂(硼砂) borax】

Na2B4O7・10H2Oの化学組成をもつホウ(硼)酸塩。結晶は単斜晶系に属し,通常無色あるいは白色で,短柱状の外形を示す。{100}にへき開完全,ガラス光沢,断口は貝殻状。モース硬度2~2.5,比重1.7。天然には塊状あるいは皮膜状としても産する。最も普遍的なホウ酸塩鉱物で,塩湖の蒸発などにより乾燥地帯に産出する。トルコ北アメリカカリフォルニア南アメリカアンデスなどに有名な鉱床がある。種々のホウ酸塩鉱物から抽出されるホウ素は一般にホウ砂の形で商品化される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウ砂(硼砂)の関連キーワードクラン宇宙化学化学組成アストラカナイト等化学系列変成岩の化学組成同質異鉱ボルセナイト花崗岩質安山岩テフリトイド

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone