ホウ素化学(硼素化学)(読み)ほうそかがく(英語表記)boron chemistry

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそかがく【ホウ素化学(硼素化学) boron chemistry】

ホウ素Bの化合物を取り扱う化学。ホウ素は周期表第IIIB族の第1に位置する元素であるが,アルミニウム以下の他のIIIB族元素とはわずかな共通点があるだけで,むしろIVB族のケイ素に似ている。ホウ素の原子価電子数は3((2s)2(2p)1)であるが,イオン化エネルギーが高くて陽イオンとはなりにくく,むしろ共有結合をつくりやすい。共有結合はsp2混成軌道によるもので,たとえばBF3,BCl3,BBr3などのように平面三角形の分子をつくりやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android