コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ素化学(硼素化学) ほうそかがくboron chemistry

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそかがく【ホウ素化学(硼素化学) boron chemistry】

ホウ素Bの化合物を取り扱う化学。ホウ素は周期表第IIIB族の第1に位置する元素であるが,アルミニウム以下の他のIIIB族元素とはわずかな共通点があるだけで,むしろIVB族のケイ素に似ている。ホウ素の原子価電子数は3((2s)2(2p)1)であるが,イオン化エネルギーが高くて陽イオンとはなりにくく,むしろ共有結合をつくりやすい。共有結合はsp2混成軌道によるもので,たとえばBF3,BCl3,BBr3などのように平面三角形の分子をつくりやすい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホウ素化学(硼素化学)の関連キーワード陽イオン共有結合ホウ素

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android