コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオジロガモ(頰白鴨) ホオジロガモ common golden‐eye

1件 の用語解説(ホオジロガモ(頰白鴨)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホオジロガモ【ホオジロガモ(頰白鴨) common golden‐eye】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。北半球亜寒帯以北で繁殖し,温帯地方で越冬する。日本には冬鳥として渡来する。おもに北日本の湾や入江,河口など海上にすむが,淡水の湖沼でもときどき見かける。足と翼を使って潜水し,岩についている貝類を食べている。全長雄は約47cm。雌雄異色で,雄は頭と背が黒緑色,体は白色である。ほおによく目だつ大きな白斑があるのでこの名がある。雌は頭部が茶褐色,背も褐色に富み,胸に灰色の帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホオジロガモ(頰白鴨)の関連キーワードカモ北半球黒鴨黒雁瘤白鳥縞味晨鳧盗賊鴎フランクリン鴎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone