コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオズキチョウチン(酸漿提灯) ホオズキチョウチン Laqueus rubellus

1件 の用語解説(ホオズキチョウチン(酸漿提灯)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホオズキチョウチン【ホオズキチョウチン(酸漿提灯) Laqueus rubellus】

ラクエウス科の腕足動物。日本各地からハワイ諸島にかけて分布し,水深40~500mから底引網などで他物に着生しているものが採集される。殻はほぼ円形で,長さ3cm,幅2.3cm,厚さ1.5cmほどのものが多く,背腹の両殻の膨らみはほぼ等しく,黄色をおびた淡紅色で斑紋はない。殻の全面には微細な円形の孔があり,また同心円状の成長線が見られる。背腹両殻間の後側に楕円形の殻頂孔があって,ここから肉茎がでて他物に着生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホオズキチョウチン(酸漿提灯)の言及

【腕足類】より

… 現生の腕足綱は,前述のように無関節亜綱Inarticulataと有関節亜綱Articulataとに分けられる。前者にはミドリシャミセンガイLingula unguis,イカリチョウチンCraniscus japonicusなど,後者にはタテスジチョウチンガイTerebratulina japonica,カメホウズキチョウチンTerebratalia coreanica,タテスジホウズキガイCoptothyris grayi,ホウズキチョウチンLaqueus rubellus,コカメガイPictothyris pictaなどが知られている。水深15~500mの海底で他物に固着して生活している。…

※「ホオズキチョウチン(酸漿提灯)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホオズキチョウチン(酸漿提灯)の関連キーワードエウゲニウス体節動物付属肢腕足類エウスタキオ管台湾栗鼠バラクーダクエラクエラピレエウスバレエうさ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone