コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオズキチョウチン(酸漿提灯) ホオズキチョウチンLaqueus rubellus

世界大百科事典 第2版の解説

ホオズキチョウチン【ホオズキチョウチン(酸漿提灯) Laqueus rubellus】

ラクエウス科の腕足動物。日本各地からハワイ諸島にかけて分布し,水深40~500mから底引網などで他物に着生しているものが採集される。殻はほぼ円形で,長さ3cm,幅2.3cm,厚さ1.5cmほどのものが多く,背腹の両殻の膨らみはほぼ等しく,黄色をおびた淡紅色で斑紋はない。殻の全面には微細な円形の孔があり,また同心円状の成長線が見られる。背腹両殻間の後側に楕円形の殻頂孔があって,ここから肉茎がでて他物に着生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のホオズキチョウチン(酸漿提灯)の言及

【腕足類】より

… 現生の腕足綱は,前述のように無関節亜綱Inarticulataと有関節亜綱Articulataとに分けられる。前者にはミドリシャミセンガイLingula unguis,イカリチョウチンCraniscus japonicusなど,後者にはタテスジチョウチンガイTerebratulina japonica,カメホウズキチョウチンTerebratalia coreanica,タテスジホウズキガイCoptothyris grayi,ホウズキチョウチンLaqueus rubellus,コカメガイPictothyris pictaなどが知られている。水深15~500mの海底で他物に固着して生活している。…

※「ホオズキチョウチン(酸漿提灯)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone