コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホクレンの生乳廃棄

1件 の用語解説(ホクレンの生乳廃棄の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ホクレンの生乳廃棄

牛乳の消費低迷を受け、道外の乳業工場は05年度に生乳受け入れ量を約7万トン減らした。ホクレンは過剰分を処理しようと、生産者に牛の殺処分を依頼したり、生乳を入れるタンクを確保するためチーズを作る際にできるホエー(乳清)を廃棄したりしてきた。しかし、3月になり道内すべての工場が生乳でいっぱいになり、受け入れが不可能になった。ホクレンは集荷したものの行き場のない約890トンを苫小牧市の産業廃棄処理場で廃棄した。ホクレンによる生乳廃棄は初めて。

(2006-06-10 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホクレンの生乳廃棄の関連キーワード牛乳御乳の人牛乳計乳業合成牛乳乳脂肪率蒲郡海洋開発九州乳業

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone