ホクレンの生乳廃棄

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ホクレンの生乳廃棄

牛乳の消費低迷を受け、道外の乳業工場は05年度に生乳受け入れ量を約7万トン減らした。ホクレンは過剰分を処理しようと、生産者に牛の殺処分を依頼したり、生乳を入れるタンクを確保するためチーズを作る際にできるホエー(乳清)を廃棄したりしてきた。しかし、3月になり道内すべての工場が生乳でいっぱいになり、受け入れが不可能になった。ホクレンは集荷したものの行き場のない約890トンを苫小牧市の産業廃棄処理場で廃棄した。ホクレンによる生乳廃棄は初めて。

(2006-06-10 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android