コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホコリタケ(埃茸) ホコリタケ Lycoperdon umbrinum; puffball

1件 の用語解説(ホコリタケ(埃茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホコリタケ(埃茸)
ホコリタケ
Lycoperdon umbrinum; puffball

担子菌類腹菌目ホコリタケ科で,キツネノチャブクロバボツともいう。夏秋の頃,林地,原野,路傍などの地面に固まって生える。上部は亜球形,下部は太い茎の形で,頂端に孔がある。全長3~7cm,径2~5cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホコリタケ(埃茸)の関連キーワード狐の絵筆狐の茶袋松露担子器埃茸キツネノチャブクロスッポンタケホコリタケカゴタケ(籠茸)キツネノエフデ(狐絵筆)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone