コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホコリタケ(埃茸) ホコリタケLycoperdon umbrinum; puffball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホコリタケ(埃茸)
ホコリタケ
Lycoperdon umbrinum; puffball

担子菌類腹菌目ホコリタケ科で,キツネノチャブクロバボツともいう。夏秋の頃,林地,原野,路傍などの地面に固まって生える。上部は亜球形,下部は太い茎の形で,頂端に孔がある。全長3~7cm,径2~5cm。初めは白色,熟すると褐色になる。担子器はキノコの腹腔内の迷路に無数に生じるが,熟すると乾いてキノコの頂孔から胞子が煙のようになって出るのでこの名がある。なおタヌキノチャブクロ L. piriformeはこの種に非常によく似ているが,主として腐木や切り株などに発生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android