コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシガレイ(星鰈) ホシガレイspotted halibut

世界大百科事典 第2版の解説

ホシガレイ【ホシガレイ(星鰈) spotted halibut】

カレイ目カレイ科の海産魚。マッカ(横浜),ヤイトガレ(神戸),ヤマブシ(敦賀)などの地方名がある。南方種で本州中部以南に分布し,沿岸の砂泥底にすむ。有眼側は暗褐色で斑紋はなく,無眼側にはいくつかの大きな褐色斑紋が存在し,背びれ,しりびれ,尾びれには黒色斑紋が認められる。マツカワに形態がよく似ており混同されるが,マツカワは北方種で側線の前湾曲部の高さが低いこと,ひれにある斑紋が丸いことで区別できる。産卵期は九州西岸で1~2月,伊勢浜島で5~6月である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android