コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスキンズ Hoskins, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスキンズ
Hoskins, John

[生]1595頃
[没]1664/1665頃
イギリスのミニアチュール (小型肖像画) 画家。ファン・ダイクの肖像画の影響を受けてミニアチュールに油絵の強さと自由を与えた。 1640年チャールズ1世付きの画家となったが,晩年は甥で弟子の S.クーパーが画壇の中心となり,影が薄れた。作品は 20~64年にわたるが,後期のものは息子 (2世) の作,または親子の共作と考えられ,ロイヤル・コレクション,アムステルダム国立美術館,ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート美術館に多数収蔵されている。

ホスキンズ
Hoskyns, Sir Edwyn Clement

[生]1884.8.9.
[没]1937.6.28.
イギリス国教会の神学者。ケンブリッジのコープス・クリスティ・カレッジの学生監 (1919~37) をつとめ,新約聖書学の研究に貢献,また神学教育に尽力した。 K.バルトの『ローマ書講解』を翻訳。主著『新約聖書の謎』 The Riddle of the New Testament (31) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホスキンズの関連キーワードスペンサー(Edmund Spenser)総合年表(アメリカ)ボイル(Robert Boyle)モリエールニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史木村常陸介サウスウェルカラッチ(Annibale Carracci)工藤治兵衛

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android