コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホクレアチン phosphocreatine

世界大百科事典内のホスホクレアチンの言及

【クレアチンリン酸(クレアチン燐酸)】より

ホスホクレアチンとも呼ばれ,ホスファゲンの一つである。1920年代にエグルトンP.Eggletonらがネコ筋から発見した。…

【ホスファゲン】より

…リン酸源の意味で,生体内におけるエネルギーの貯蔵のためにつくられる高エネルギーリン酸化合物の総称。脊椎動物の筋肉や神経組織に存在するホスホクレアチンphosphocreatineや無脊椎動物に存在するホスホアルギニンphosphoarginineが代表的なものであるが,そのほかにもホスホグアニジノ酢酸やN′‐ホスホグアニジノエチルメチルリン酸なども存在する。これらはすべてグアニジンリン酸の形で高エネルギーリン酸結合をもっている。…

※「ホスホクレアチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ホスホクレアチンの関連キーワードクレアチンリン酸(クレアチン燐酸)高エネルギーリン酸結合クレアチン燐酸ホスファゲン