ホセ・アンヘル グリア(読み)ホセアンヘル グリア(英語表記)José Angel Gurria

現代外国人名録2012の解説

ホセ・アンヘル グリア
ホセアンヘル グリア
José Angel Gurria


国籍
メキシコ

専門
政治家;エコノミスト

肩書
経済協力開発機構(OECD)事務総長(第5代) メキシコ財務相・外相

本名
José Angel〉 ホセ・アンヘル〈Gurria Treviño グリア・トレビニョ

生年月日
1950/5/8

出生地
タマウリパス州タンピコ

学歴
メキシコ自治大学経済学部〔1972年〕卒;リーズ大学;ハーバード大学大学院修了

学位
経済学博士(リーズ大学)

経歴
1978年メキシコ財務省に入省。4年後の’82年には累積債務問題の責任者である公債局長となり、大口債権者である先進国の銀行を相手に精力的に交渉を重ねた。’88年財務次官、’93年メキシコ国立貿易銀行頭取、’94年4月制度的革命党国際局長を経て、同年12月〜’98年1月外相。’94年末の通貨危機では金融支援の取り付けに奔走した。’98年1月〜2000年12月財務相。2006年6月経済協力開発機構(OECD)第5代事務総長に就任(任期5年)。英語、フランス語、スペイン語を流暢に操る。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android