ホセ・グティエレス ソラーナ(英語表記)José Gutiérrez Solana

20世紀西洋人名事典の解説

ホセ・グティエレス ソラーナ
José Gutiérrez Solana


1886.2.28.(1885.説有り) - 1945.6.24
スペインの画家。
マドリード生まれ。
独学で学び、思想集団「98年世代」に所属した。山中の謝肉祭漁夫、都会の職業婦人等をモデルに暗く悲惨な民衆的テーマを描き、表現手段として、血のような赤、不思議な緑がほとばしる暗い色調を用いた。後にスペイン的表現主義と呼ばれる作風を完成する。代表作に「司教の訪問」(1926年)、「漁の帰り」、「死の行進」(’30年)などがある。著書に「マドリードの情景と風俗」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android