ホセ エチェガライ(英語表記)José Echegaray

20世紀西洋人名事典の解説

ホセ エチェガライ
José Echegaray


1832 - 1916
スペイン劇作家,政治家。
元・大臣
マドリード生まれ。
別名ホルヘ・アヤセーカ。
数学者、経済学者を経て政治家となり、大臣も務める。大臣在職中、処女作「割り符帳」(1874年)を発表し、政界引退後劇作に専念する。’77年「狂か聖か」で名声を博し、世紀末の劇檀に君臨し、1904年ノーベル文学賞を受賞する。良心葛藤三角関係などをテーマにした技巧的で大衆性のある作品が得意である。他の作品に「大いなるなかだち」(1881年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ホセ エチェガライ

生年月日:1832年4月19日
スペインの劇作家,数学者,政治家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android