ホソクビワタモ

海藻海草標本図鑑の解説

ホソクビワタモ

からだは細長い紡錘形をした袋状で,5〜10本以上が束になって生育する。基部は細くくびれ,袋状のからだの1本1 本は栄養繁殖個体と考えられる。比較的,波の穏やかな岩上に早春の短期間だけ群生する。紡錘形の袋の中に入った空気で,水中では浮くように立ち上がってい るが,空気が抜け扁平になる事もある。手触りは柔らかい。生体は明褐色〜褐色。ワタモに似るが,ワタモはからだの根元が細くくびれず,基部から生じる個体の数が少なく,より幅広となる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android