コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソバノトサカモドキ

海藻海草標本図鑑の解説

ホソバノトサカモドキ

からだは扁平膜状で細長い。不規則に叉状平面的に分枝し全体は扇状となる。縁辺は鋸歯状に小枝が密生し,また,小さな葉部は不規則に縁辺からたくさん出て 様々な形となる。嚢果は粒状のかたまりとなる。付着器は盤状。切片皮層に小型の細胞が4〜5層並び髄層は大きな無色の細胞からなる。手触りはやや硬い。 生体は紅色〜濃紅色。押し葉標本はあまり台紙につかない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ホソバノトサカモドキの関連キーワードトサカモドキ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android