コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルガ(蛍蛾) ホタルガPidorus glaucopis

世界大百科事典 第2版の解説

ホタルガ【ホタルガ(蛍蛾) Pidorus glaucopis】

鱗翅目マダラガ科の昆虫。翅の開張4.5cm内外。体翅とも黒く,頭部は赤色。前翅には1本の白帯がある。触角は櫛歯(くしば)状だが,雌では櫛歯が短い。初夏から夏の終りころまでに2回出現し,昼間よく活動するが,灯火にも飛来する。日本本土のほか台湾,朝鮮半島,中国にも分布する。本種に限らずマダラガ科の成虫は,食虫性の鳥獣が敬遠するような体液をもっているためか,飛び方は緩慢である。幼虫はサカキやヒサカキの葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android