コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッジス ホッジスHodges, Johnny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッジス
Hodges, Johnny

[生]1906.7.25. ケンブリッジ
[没]1970.5.11. ニューヨーク
アメリカのアルトサックス奏者。 1928年にデューク・エリントン楽団に参加。 51~55年に自分で楽団を編成したが,再びエリントン楽団に戻り,同楽団の花形奏者として活躍。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホッジス
ほっじす
Gilbert Raymond Hodges
(1924―1972)

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のブルックリン・ドジャース(1958年からロサンゼルス・ドジャース)、ニューヨーク・メッツで一塁手としてプレー。主砲として1950年代のドジャース黄金期を支えた強打者である。1963年からは第2ワシントン・セネタース(現テキサス・レンジャーズ)、メッツで監督も務めた。
 4月4日、インディアナ州プリンストンで生まれる。1943年ドジャースに入団し、三塁手として1試合のみ出場したが、その後、46年まで兵役に就いた。復帰後の1947年は捕手として24試合に出場、翌48年は捕手のロイ・キャンパネラRoy Campanella(1921―93)がデビューしたため、一塁へコンバートされて打撃に専念できるようになった。1949年から7年連続して打点100以上をマーク。ホームランも11年連続して20本以上打った。1961年のシーズンオフに、翌年から誕生する新球団への選手供出を行うエキスパンション・ドラフトが行われ、メッツから指名されて移籍。1963年の序盤で現役を引退、同年中には第2セネタースの監督に就任、67年まで指揮をとった。1968年からはメッツの監督に就任した。翌69年には、圧倒的に不利といわれながら強豪ボルティモア・オリオールズを降してワールド・シリーズを制し、チームは「ミラクル・メッツ」とよばれた。1971年のシーズン終了後に解任された。
 選手としての実働18年間の通算成績は、出場試合2071、安打1921、打率2割7分3厘、本塁打370、打点1274。獲得したタイトルは、ゴールドグラブ賞3回。監督としての通算成績(9年)は、660勝753敗、リーグ優勝1回、ワールド・シリーズ優勝1回。[山下 健]
『ギル・ホッジス、三原脩著『ギル・ホッジスの戦法』(1978・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホッジスの関連キーワードテーラー(Cecil Taylor)ウイリアム・チック ウェッブローレンス ブラウン死にゆく者への祈りビル ペンバートンリッチー パウエルシドニー ベシェデイブ ベイリーテディ ブラノンターミナル・マンノリス ターネイ電子頭脳人間

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホッジスの関連情報